忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/08/20 05:34 |
ラチャヤイ島(プーケット)でのスキューバダイビング
ラチャヤイ島での1本目は東側のスタッグ・ホーン・リーフ。リハビリでしたので、レギュレータのくわえ直しやマスクに入ったの水クリアなどを復習。残念ながらカメラは持ち込みなし。ここは枝サンゴの群生がすごい。これほど元気で見事な枝サンゴ見たことありません。津波の影響は感じられませんでした。透明度も最低で15mはあったと思います。

2本目は東側のルーシーズ・リーフ。中性浮力も問題ないとのことで、ガイドからカメラ持込の許可が。

Moray Eel
いきなりうつぼを発見。フラッシュが届く距離まで近づくのが怖い。

Western Clownfish on Koh Racha Yai Island, Thailand
お約束のクマノミ、自分も動くし上手く撮るのが難しい。

A school of Yellowfin goatfish
アカヒメジの大群、死ぬと黄色の体色が赤くなるらしい。

Stughone Coral
スギのようなサンゴ、小さい魚がいっぱい隠れています。



拍手[0回]

PR



2006/11/27 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | 2005年10月プーケットでのスキューバダイビング

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ホワイトロック(タオ島)でのスキューバダイビング | HOME | キングクルーザー(プーケット)でのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]