忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/24 10:53 |
ハイ島での凄すぎるシュノーケリング
年末年始にタイ南部、トラン県のハイ島(ンガイ島)でシュノーケリング三昧してきました。本当はスキューバダイビングしたかったのですが宿泊していたコ・ンガイ・リゾートのダイビングセンターが閉鎖されてました。

Beach at Ngai Island, Thailand

コ・ンガイ・リゾートの目の前のビーチのでシュノーケリングしましたが、ここのハウスリーフのサンゴ礁がものすっごかったです。魚もいっぱいいて滞在中ずーっとシュノーケリングしてましたが全然飽きませんでした。ハイ島で見られた魚は後で紹介しますが、1つのポイントでこれ程多くの種類の魚が見られるのは凄いですね。想像以上でした。

シュノーケリングポイントの紹介を簡単に。

Underwater at Ngai Islandビーチからエントリーして10mも泳ぐとサンゴ礁エリアです。沖に向かって左側のジェッティ桟橋近くにはブルーコーラルの群生エリア。満潮でも超シャローな浅瀬ですので間近にサンゴや魚が見られます。

Underwater at Ngai Islandブルーコーラルの群生を沖に向かって右に進むと茶色い枝サンゴの群生が広がります。このエリアは枝サンゴの上や間を色んな種類の幼魚が動き回っています。ミナミハコフグ、ヤスジチョウチョウウオなどの幼魚がいました。

Underwater at Ngai Islandサンゴの群生エリアを沖に進んでいくと10mから20m程度のドロップオフになります。ドロップオフのあたりには赤色が鮮やかなブラックコーラルやノッテドファンコーラルも見られます。ドロップオフまで来ると群れの魚も見えてきます。キンセンフエダイやコラーレバタフライフィッシュなどの群れは壮観です。

満潮時(滞在時は午前中)には少しジェッティ桟橋から右に(南に)流れがありました。マスクとシュノーケルだけでなくフィンも使うと楽にシュノーケリングができます。シュノーケリング3点セットはホテルで1日300バーツで貸出しをしていまが、値段がちょっと高いです。3点セットは大人用でも3000円程度から買えますので、購入して持って行くほうが安く済みます。

楽天でシュノーケリング用品を探す

ハイ島(ンガイ島)でのシュノーケリングはダイバーにもノンダイバーにも超おすすめです。



拍手[0回]

PR



2007/01/07 17:33 | Comments(0) | TrackBack(0) | 2007年1月タイ・ハイ島(ンガイ島)でのシュノーケリング

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ハイ島で見られるクマノミの仲間 | HOME | トリンラ島でのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]