忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2018/09/20 07:43 |
リチェリューロックでのスキューバダイビング
シミランクルーズ2日目の2本目、3本目、4本目でタイで一番熱いダイビングポイント、リチェリューロックで潜りました。

Whale Shark at Richelieu Rock, Thailand

朝一トリンラ島トリンラリーフで潜った後、リチェリューロックに向かう途中でジンベイザメ出現の一報が。わくわくしながら2本目に行きました。

潜行開始後同じグループのみんなはニシキフウライウオなどを見に20mぐらいまで降りていきましたが自分はひたすら中層で待機しジンベイザメを待つ作戦。2本目は平均深度8mでした。20分すぎに激しいバンカーが鳴り響くと心臓がバクバクでした。回りのダイバーもどこにジンベイザメがいるのかと周囲を見回してます。自分は深度10mに位置取りしバンカーの鳴っている方角へ。そしてついにジンベイザメが出現!!!!真正面から巨体をくねらせながらゆっくり接近。その泳ぐ姿は海の王者の貫禄。ガイドもバディもエアも気にせずにひたすらジンベイザメに全力でついて行きました。ジンベイザメとのランデブーは約10分、エアは40分で残圧50を切り、精根尽き果てた2本目でした。おかげで横から上から下から後ろからと色んな角度で初ジンベイザメの写真を60枚以上ゲットしました。

3本目は2本目のジンベイの余韻なかのでのダイビング、2本目同様中層で待機もジンベイ現れず。

Anglerfish 4本目は前半中層の群れ、後半はマクロを楽しみました。午後も遅くなると小魚の群れを狙ってジンガメアジなどが捕食行動をしていて面白いです。キンセンフエダイの群れも午前中より大きくなっている気がします。後半のマクロではイザリウオ改めカエルアンコウを初ゲット。小指の爪ぐらいの超マクロな世界最小?のやつでした。今回のクルーズ最後のダイビング。ゆったりのんびり65分も潜ってました。ガイドの残圧が20になってタイムオーバーもグループ全員リチェリューロックを大満喫できました。

透明度:12m
水温:27度~29度




拍手[0回]

PR



2007/03/22 01:30 | Comments(0) | TrackBack(0) | 2007年3月タイ・シミラン諸島でのダイビングクルーズ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<シミラン#9 ノースポイントでのスキューバダイビング | HOME | トリンラ島トリンラリーフでのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]