忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/11/25 03:26 |
シミラン諸島(タイ)でのダイビング
シミラン諸島はタイのインド洋側の北部アンダマン海に浮かぶダイビング天国です。ここではクルーズでのダイビングが盛んで、プーケットやカオラックから行くことになります。インド洋ですので日本では見られないインド洋固有種の魚が沢山います。ジンベエザメやマンタなどの大物に出会えることでも有名です。ギンガメアジやバラクーダの大群など魚影の濃さもアジア随一です。



シミラン諸島には今まで5回潜りに行きました。

2008年 1月 ダイビングクルーズ
2007年 4月 ダイビングクルーズ
2007年 3月 ダイビングクルーズ

2007年 2月 ダイビングクルーズ
2006年12月 ダイビングクルーズ

今までにシミラン諸島でのダイビングで見た魚です。
ジンベエザメ、トラフザメ、オニイトマキエイ(マンタ)、ヤッコエイ、アケボノハゼ、オーロラパートナーズゴビー、ネオンワームゴビー、ヒレナガネジリンボウ、トマトアネモネフィッシュ、クマノミ、カクレクマノミ、スカンクアネモネフィッシュ、クジャクスズメダイ、アンダマンダムセル、アミメチョウチョウウオ、ミスジチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、インディアンバガボンドバタフライフィッシュ、スポットテールバタフライフィッシュ、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、タテジマキンチャクダイ、ワヌケヤッコ、アデヤッコ、エイブルズエンジェルフィッシュ、キンギョハナダイ、アカオビハナダイ、インディアンフレームバスレット、エバンスアンティアス、ベニカエルアンコウ、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)、ニセモチノウオ、クジャクベラ、ハゲブダイ、オニカマス、キンセンフエダイ、ヨスジフエダイ、アミメフエダイ、キツネフエフキ、ムスジコショウダイ、クロコショウダイ、アンダマンスイートリップス、ハナダイギンポ、セダカギンポ、ヒナギンポ、フタイロカエルウオ、インドカエルウオ、イヤースポットブレニー、メガネゴンベ、ニジハギ、イソマグロ、ツムブリ、イケカツオ、ギンガメアジ、カスミアジ、コガネシマアジ、ニジョウサバ、ツバメウオ、スカシテンジクダイ、ホウセンキントキ、インドパシフィックトビー、ミナミハコフグ、アラレフグ、クマザサハナムロ、イエローバックフュージュラー、グルクン、ハナタカサゴ、ミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、ダンゴオコゼ、ゴンズイ、チモールラス、ニシキフウライウオ、アオセガラ、シマウミヘビ



拍手[0回]

PR



2008/01/27 23:17 | Comments(0) | TrackBack(0) | タイ・シミラン諸島でのスキューバダイビング

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<シミラン・ダイビングクルーズ | HOME | アイスクリームでのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]