忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/24 10:59 |
渡嘉敷島「野崎」でのスキューバダイビング
初沖縄ダイビング初日の2本目は渡嘉敷島「野崎」でした。ここでも水温28度と暖かく南国リゾートダイバーにやさしいダイビングでした。

2本目の野崎も1本目同様、見たことない魚のオンパレード。

ハナヒゲウツボ幼魚、イロブダイ幼魚、ゴルゴニアンピグミーシーホース、オグロクロユリハゼ、ウコンハネガイ、モンツギハギ、ミナミコブヌメリなどなど。

Black and Orange Anemonefish

でも野崎で一番良かったのはハマクマノミ。体色のバリエーションも幼魚や若魚のオレンジ、成魚の赤などや、上の写真のように大きい固体の黒などがありとても面白いです。特に下の写真のような若魚のオレンジがきれいですね。オレンジってコンパクトデジカメでもきれいに発色するのできれいな写真が撮りやすいんです。カメラを向けるとちょこまか動き回ることが多いクマノミ種のなかでも、逃げることもなく常にファインダーの中にいてくれて撮影にやさいいクマノミでした。

Tomato Clownfish in Okinawa

沖縄・慶良間ダイビングのアルバム

2007年9月沖縄・慶良間諸島でのスキューバダイビング



拍手[0回]

PR



2007/10/30 00:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 沖縄・慶良間諸島でのスキューバダイビング

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<座間味島「唐馬No1」でのスキューバダイビング | HOME | 渡嘉敷島「カミグー」でのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]