忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2018/04/26 00:55 |
チュンポンピナクルでのスキューバダイビング
タオ島ダイビング二日目午前中と三日目午前中にチュンポンピナクルで潜りました。ここはタオ島の北西にある外洋ダイビングポイントでタオ島海域随一の魚影の濃さを誇ります。ジンベイザメが見られるポイントとしても有名です。

サムイダイビングサービスたおみせのあるチャロックバーンカオから45分ほどでチュンポンピナクルに到着。今日は4艘ほどのボートが来てました。エントリー準備中にダイビングボートのクルーが何か叫んでいます。

ジンベイ、ジンベイ、ジンベイ~~~~。

Whale Shark at Koh Tao Island, Thailand

どうやらジンベイが出ている様子、しかもクルーが自船の脇を指さしているので覗きこむとジンベイザメが水面近くを泳いでいるではありませんか。全員急いでエントリー開始。水面集合中にフィンが何かにあたる感触が・・・。なんとジンベイが自分たちの真下で遊んでいる様子。ひとなつっこいのか頭が悪いのか、このジンベイしばらくこんな状態で遊んでいました。

潜行後もこのジンベイはサービス精神旺盛でずーっと一緒に泳いでくれました。ダイビング中これだけジンベイと遊んだのは初めてでした。

Whale Shark at Koh Tao Island, Thailand

水面休息のあとの2本目も1本目同様このジンベイザメは急浮上や急潜降を繰り返しながら根の周りを行ったり来たり。2本目もエントリーからエキジットまでジンベイザメを堪能しました。大々満足のダイビングに「ジンベイ見飽きたね」とのたまう不敬の輩もいました。

実は二日目は朝から雨が降っており海況が不安定でチュンポンピナクルまで行けるか直前まで分かりませんでした。チュンポンピナクル行きの決断をしてくたたおみせさんに感謝です。

三日目午前中のチュンポンピナクルは前日のジンベイ出現情報のためか朝から10艘以上のダイビングボートで溢れかえっていました。1艘15名としても150名以上のダイバーがチュンポンピナクルの海中にいる計算、エントリーすると予想通り泡泡泡。ダイバーで溢れかえっていました。期待のジンベイザメは・・・・・。

結構バンカーが鳴っていたのでジンベイいるのかと探してましたが、残念ながらやつには会えませんでした。ブッダビューのガイドが客のダイバーを呼ぶために鳴らしていたようです。ブッダビューさん紛らわしいので止めてくださいね。

Banded Coral Shrimp 三日目も中層を漂ってましたのであまり多くの魚見ませんでしたが、ツバメウオ群れ、イエローフィンバラクーダ群れ、オトヒメエビなど見せてもらいました。

透明度:15m~20m
水温:30度



拍手[0回]

PR



2007/05/07 02:09 | Comments(0) | TrackBack(0) | 2007年4月タオ島(タイ)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<スモールサンデービーチでのシュノーケリング | HOME | ホワイトロックでのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]