忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/24 10:54 |
ホワイトロックでのスキューバダイビング
メーハート港に近いせいもありタオ島周辺ではチュンポンピナクルに次ぐメジャーなダイビングポイントです。引き潮の時に根のトップが水面に出ています。ボトムでも水深20mないので初心者向きのポイントです。ボートダイブの2本目に潜ることが多いですね。ホワイトロックではタオ島ダイビング初日2本目と二日目の4本目に潜りました。

Tawnygirdled Butterflyfish at Koh Tao Island, Thailand

ロープ沿いに潜行して直ぐにタオ島でも珍しいチョウチョウウオの仲間のタキゲンロクダイを見かけました。タオ島で50本以上潜ってますがタキゲンロクダイを見たのは初めてでした。まだまだ見てない魚がいっぱいいますね。

Shrimp on Whip Coral, Thailand

ここもムチカラマツが多くめずらしいマクロ系のエビがムチカラマツに生息しています。今回はゴルゴニアンシュリンプとムチカラマツエビ(写真)を見せてもらいました。

Signalfin Goby at Koh Tao Island, Thailand

根の下にはヒレフリサンカクハゼがひっそり生息しています。小さくて体色が半透明なのでちょっと見つけにくいハゼです。背びれをピコピコ動かしています。

根の周りの砂地は共生ハゼの宝庫です。レッドマージンシュリンプゴビーやメタリックシュリンプゴビーがいたる所で巣穴から共生エビと一緒に顔をのぞかせています。ここの共生ハゼは警戒心が薄いようで結構寄れますよ。

上記の他に見たのは白くて綺麗なブチウミウシ、シマウミヘビのペア、ブルースポテッドスティングレー、ハナビラクマノミなど。

透明度:12m~15m
水温:30度


ソニアではダイビング器材をお求め安い価格で提供しています。

ダイビング専門店ファインド

ダイビングの総合ショップmic21(エムアイシー21)



拍手[0回]

PR



2007/05/05 20:32 | Comments(0) | TrackBack(0) | 2007年4月タオ島(タイ)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<チュンポンピナクルでのスキューバダイビング | HOME | ヒンピーウィーでのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]