忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/10/24 10:57 |
自津留島「先端」でのスキューバダイビング
初沖縄ダイビング初日の最後3本目は自津留島の「先端」でした。岩礁の上にサンゴが広がるポイントで、ここでもほとんど流れてなかったです。

Red Fire Goby at Kerama Islands, Okinawa

最初に撮影したのはハタゼハゼ。タイのシミランではアケボノハゼより珍しい魚なんですが、ここ沖縄には探す必要がないくらいいっぱいいますね。

Clown Triggerfish at Kerama Islands, Okinawa Japan

次はモンガラカワハギ。シミランにもいるんですが、ここまできれいに撮れたことがなかったので、ラッキーです。

Flatworm

最後は紫の体色がきれいなヒラムシ。沖縄では珍しくもなんともないのでしょうね、ガイドのアキさんは紹介もしてくれなかったです。

透明度: 20m
水温: 29度

二日目1本目「カミグー(神宮)」に続く

2007年9月沖縄・慶良間諸島でのスキューバダイビングに戻る

沖縄・慶良間ダイビングのアルバム


拍手[0回]

PR



2007/11/01 01:21 | Comments(0) | TrackBack(0) | 沖縄・慶良間諸島でのスキューバダイビング

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<座間味島「男岩(ウガン)」でのスキューバダイビング | HOME | 座間味島「唐馬No1」でのスキューバダイビング>>
忍者ブログ[PR]